画像

妊娠線に困ったら

妊娠線とは、出産を経験した女性なら一度は耳にしたことのある言葉ですよね。
出産前から、クリームでしっかりと予防している人もいます。
大丈夫だろうなんて思っていたものの、出産後に気になってどうしようなんてことありますよね。

そこで、プラセンタはお産を経験した女性の多くが気にされている、マタニティラインや妊娠線にも効果的であるということがいわれています。
美白効果や美肌効果でも注目されているプラセンタですが、妊婦さんの悩みである、妊娠線にも有効的であることがいえます。
妊娠線は、別名マタニティラインと呼ばれ、妊娠しておなかの中の胎児の成長していくにつれて、下腹部の皮膚は伸びていきます。
弾力性の乏しい皮下組織には収縮性の限界があります。
ある程度お腹が大きくなると、皮膚の成長が胎児の成長に追いつけず皮膚が裂けてしまいます。

裂けるといってももちろん表皮は繋がっているので、皮下組織の毛細血管が透けて見えてくることによって妊娠線になってしまいます。
また、紫外線の刺激によって、メラノサイトで作られていくメラニン色素が沈着して、赤黒い線のような状態になることがあります。
妊娠線は、胎児の成長とともに腹部の皮下組織が裂けていき、毛細血管が透けて見える状態のことをいいます。
マタニティラインが黒っぽくなるのは、メラニン色素が沈着するからといわれています。

プラセンタには成長因子といわれる細胞分裂を活性化させるという成分が含まれています。
この成長因子の働きによって、腹部の裂けた部分の皮下組織が回復されるといわれています。
また、プラセンタにはメラニンの生成を抑制するという働きもあり、メラニン色素の沈着を防ぐというだけではなく、生成自体も防止する効果があります。
この働きによって、出産した女性の悩みの元でもある、黒ずんでいる妊娠線を目立たなくしてくれる効果があるのです。
プラセンタはスキンケアとして使用してみても効果が高いために、妊娠線の部分を線のケアと同時にスキンケアする要領で、使い続けることをお勧めします。

プラセンタが妊娠線に有効なのはなぜか?
それはプラセンタに含まれる『成長因子』の働きがあるからです。
『成長因子』とは細胞分裂を活性化させ、引き離された細胞を修復させます。
また、メラニンの生成を予防し、色素沈着を防ぐため美白効果も大いに期待できます。
多くの化粧品でも使用されていて、注目の成分があるのでスキンケアにも最適でしょう。