画像

小じわ対策に効果的

プラセンタで、小じわの改善が出来るなんて話があるのでしょうか。
そもそも、しわと小じわの違いはどういうものなのでしょうか。
小じわは、しわの一歩手前といってもよいでしょう。
しわになると、プラセンタだけでは修復は難しいといわれています。
しかし、しわになる前の小じわであれば、プラセンタで改善されるということがいわれています。

ところで、小じわはどうやって出来るのでしょうか。
小じわの原因は、肌の乾燥といわれています。
肌の表皮の油分や水分の保有力が低下してくると、乾燥して小じわが出来るといわれています。
そして、小じわから徐々にしわへと大きくなっていきます。
そう考えると、小じわを改善できればしわもできにくいということになります。

その、しわの素となる小じわを作らないようにするには、肌の油分や水分を保つということが大切になってくるでしょう。
年齢とともに肌の油分や水分は失われやすくなり、それを抑制する効果があるのがプラセンタであるといわれています。
プラセンタには、細胞を本来の形になおそうとする作用があるといわれています。

プラセンタは表皮の角質層の成分も、正常な状態に戻す働きをします。
表皮の角質層の中には水分や皮脂など、天然の保湿因子などが含まれているといわれています。
プラセンタの働きでこれらの成分が正常な状態に近づくことで、肌の乾燥を防ぐことが出来、小じわを改善し防止する事ができるといわれています。
プラセンタの調整作用が、表皮の角質層のなかの水分、皮脂、天然保湿因子の3つのバランスを保つ効果を持っています。
そのため肌のバランスが整い、小じわができにくい肌へとなっていきます。
水分、皮脂、天然保湿因子の3つのバランスを保つことにより、お肌を乾燥から守る効果があります。

また、プラセンタには血行を促進させる作用もあるので、美白効果も期待できます。
歳を重ねるにつれ、増えてくる肌の悩みが少しでも軽減されるように、小じわの時期からしっかり対策しておきましょう。