画像

胎盤に含まれる有効成分

胎盤とは、プラセンタのことをいいます。
そしてこのプラセンタには、人ひとりの身体をつくり上げる役割があり、そして生きていくために必要となる栄養素の殆どを備えているといわれてます。
またプラセンタには、3大栄養素となるタンパク質、脂質、糖質をはじめ、それ以外にも各種ビタミンや、ミネラル、酸素、
核酸などといった、生理活性成分もたくさん含まれています。

まずタンパク質は、人の身体をつくる栄養素があります。そして脂肪酸は、細胞を作る需要な材料の一つとなっています。
また核酸は、遺伝子の修復や、新陳代謝の調整に効果的であります。そしてアミノ酸は、生命の源と呼ばれるくらい大切なもので、沢山の機能をもっています。

さらにプラセンタに含まれている活性ペプチドは、医療品的な効果を発揮するために、プラセンタの中心的な成分となっています。
また酸素は、生体内の化学反応を助ける力があり、ムコ多糖体は、細胞間をつなぐ一つの成分であり、これは炎症を抑える効果があるといわれています。

そして糖質は、エネルギー源になっていたり、細胞の構造を維持することができ、ビタミンは、生理機能を調節して、代謝をスムーズにしてくれます。
またミネラルは、血液や体液の調節などといった、様々な働きをしてくれます。

このように、必要なアミノ酸やビタミン、ミネラルを非常に豊富に含んでいるプラセンタは、肌に潤いを与えることができ、キメを整えて、
ターンオーバーを正常化することで、健康な素肌を保つ働きをもってるといえます。
また、プラセンタがアトピー性皮膚炎などの治療にも使用されているということから、敏感な肌にも使うことができるといわれています。

そしてプラセンタ注射は、プラセンタを使用している医薬品の中で、今もっとも注目されています。
肝機能障害等の治療薬として、大きな成果を上げているのですが、特別な副作用がみられないことから、非常に信頼性の高い薬ということがいえるでしょう。

また、プラセンタ注射に含まれる細胞増殖因子には、肝細胞増殖因子の他に、神経細胞増殖因子や上皮細胞増殖因子などといった、
様々な種類が存在していることがわかり、そして今、それらの果たす効果に注目が集まっています。