画像

プラセンタの意味

最近、女性を中心として注目を集めてきているプラセンタですが、もちろん既に存知の方も多いかと思います。
しかしプラセンタとはよく耳にするものの、実際にはどんな効果があり、またどのようなものであるかをきちんと知っていますか。
そこでまずは、このプラセンタの意味とその効果を、詳しく知っておきましょう。

そもそもプラセンタとは、胎盤を元にしたエキス成分のことをいいます。ちなみにプラセンタは、英語で「胎盤」という意味になります。
そして胎盤を元にしたエキスで、漢方薬の原料として古くから使われている成分であります。

また現在では特に、美容や健康のために使用されていることが多くなってきています。
具体的には、冷え性や便秘、疲労回復など自律神経系から婦人科系の悩みに効果が期待できるということに加えて、
肌に浸透すると、保水力と新陳代謝の活性化やメラニンの排除などが行われることで、美白効果を生み出すことができるといわれています。

そしてプラセンタとは、英語で胎盤の意味といいましたが、美容成分としてのプラセンタは、胎盤のままではなく、
胎盤の中から細胞分裂を促していく成長因子や、その他の栄養素を抽出したもののことをいいます。

実は胎盤の力は前々から注目されていましたが、美容にもいいといえます。なぜ、プラセンタが美容にいいかというと、それは美白効果が高いからなのです。
またプラセンタは、線維芽細胞を活性化する働きがあるので、たるみやシワを改善する効果が期待できます。

さらにこのプラセンタには、血液の流れを促進してくれる効果があるので、新陳代謝が促進されて、肌の若返りも促進してくれる効果があります。
これらは、どこをとっても女性にうれしい効果ばかりですよね。ですからなぜ今、プラセンアが人気になってきてるのか、わかりますよね。

また現在の美容製品などで使用されているプラセンタのエキスは、動物の胎盤から抽出されているものではなく、植物性のプラセンタです。
この様に、美容製品から美容形成の施術まで多岐に渡り活用されているプラセンタは、
肌トラブルなどで悩んでいる人にとって、十分に役に立つ成分であるということがわかりますよね。